「ネットde保険」インターネットで簡単手続き 1DAYレジャー保険の説明はこちら 海外旅行保険の説明はこちら ゴルファー保険の説明はこちら 自転車むけ保険の説明はこちら バイク自賠責保険の説明はこちら
プライバシーポリシー
三井住友海上取扱い商品の説明はこちら アフラック保険紹介のサイトへ
事故の際の緊急連絡先 休日・夜間を問わず、24時間・365日体制で事故受付を行っています。
株式会社 高知大正
〒781-5103
高知県高知市大津乙457-23
TEL: 088-866-1455
FAX: 088-866-5332
メディポリス国際陽子線治療センターに行ってきました

 先日、三井住友海上・代理店会の研修旅行で、鹿児島県 指宿市にある、メディポリス国際陽子線治療センターを視察してきました。

メディポリス国際陽子線治療センター外観

 鹿児島空港からバスに揺られること1時間半、緑眩しい高台にそれはありました。元々グリーンピアの保養施設だったところを再利用したもので、がん治療を行っている病院とは思えないリゾートホテルのような建物です。(実際にホテルが隣接しています)
 その日は休日のため棟内は静まり返っていましたが、私たちが最初に案内されたのは、太陽光がよく入る明るい待合室でした。この施設は完全予約制で、隣接するホテルに滞在しながら、点滴やチューブを付けることもなく粒子線治療が受けられます。粒子線の照射時間は1回あたり15〜20分、これを8〜35回、数週間かけて行うのですが、滞在中はゴルフや魚釣りを楽しむ方もいらっしゃるそうです。
 次に私たちが案内されたのは陽子線治療室でしたが、そもそも陽子線って何???
がん治療といえば腫瘍患部を取り除く外科的手術と、抗がん剤、放射線の3つの治療法があります。その中のひとつ、放射線治療の放射線には粒子線と光子線があり、粒子線には陽子線と重粒子線が、また光子線にはX線とガンマ線の二種類があるそうです。う〜ん、高校時代、物理の成績赤点の私には理解ができない・・・と思っているのを察してくださったのか、案内人の方が噛み砕いて説明してくれました。簡単にいうと、この施設で行っている陽子線治療は、小さな小さな水素粒子をがん病巣に照射することでがん細胞を退治していく、といったイメージでしょうか。 これまでの放射線では、がん病巣に向けて照射をしても、がん病巣だけでなく他の臓器にもダメージを与えてしまいますが、陽子線はピンポイントでがん病巣に照射できるので、集中的に致死的ダメージを与えることができ他の臓器への影響も少ないそうです。
 がんの形体は人それぞれ違うので、患者さん一人一人のがん細胞の形を3D化し、それに合わせた陽子線照射のための固定器具を作成、その固定器具で病巣付近の体を固定して陽子線照射を行うそうです。治療室は全部で3つ、私の目には、体の中を大きな顕微鏡で覗く装置のように映りました。(私の勝手なイメージです)

治療室内

治療室の裏側は、陽子線を照射するための装置(下記写真)や陽子線を作る装置など、巨大な精密装置があり、ここだけ見ると病院とは思えませんでした。

回転ガントリー

 この施設で治療を受ける方は日本人に限らず、最近では海外から来られる方も増えているそうです。また今年4月からは前立腺がん等、公的医療保険が適用されたこともあり、陽子線治療は身近になりつつあるようです。とは言っても、公的医療保険が適用されない先進医療の陽子線治療費用は300万円超と高額で、まだまだ患者さんや家族には費用面で大きな負担が強いられます。
ここで質問です。いまご自身が契約している保険に先進医療特約は付いていますか?
 私は高知大正に入社してすぐ医療保険に入りましたが、勧められるままに先進医療特約も付けていました。先進医療にかかわる技術料を実費払、交通費・宿泊費も保障されます。 ということは、万が一、がんになっても、メディポリス国際陽子線治療センターで治療が受けられ、しかもリゾートホテルで温泉や砂風呂でのんびり療養ができます(よかった♪)
 陽子線治療は、ステージT、Uの段階が適応できる基本原則だそうです。しかし、それ以上の場合でも、患者さんが生きることに楽しみや喜びを感じられる日々が過ごせたり、がんの進行を抑えることができると判断された場合は治療を行うことができるそうです。 現在、全国に相談窓口があり、四国では愛媛県松山市にオフィスがあるそうです。
 がんは早期発見・早期治療とよく言われますが、良いドクターに出会い、ベストの治療方法を見つけることもまた大切なのだと、この施設を見学させていただいて感じました。

スタッフ 山ア
※施設写真提供:一般社団法人 メディポリス医学研究所 メディポリス国際陽子線治療センター

メディポリス国際陽子線治療センターについては、下記URLをご参照ください
http://medipolis-ptrc.org


インターネットで保険加入出来るようになりました

インターネットで保険加入出来るようになりました!
書面でのお申し込みと比べ、ネットで見積もりや加入する事で、事務コストを大幅に削減できるため、保険料が通常の保険よりも概ね安価になっています。
保険料の支払いもクレジットカード払いが主流となり、ポイントも貯まるし大変便利になってきています。

経営理念

「お客さまと信頼関係を築き、永続的な発展を目指す」

行動指針

お客さまにとって最良とは何かを考え、トータルアドバイスを行います。
物事を、損得よりも善悪で判断します。

コンプライアンス基本方針

(1)経営理念の実現に向け、事業活動のあらゆる場面でコンプライアンスを徹底し、企業倫理を確立する。
(2)コンプライアンスとは、「事業活動に関連する全ての法令、主務官庁が定める監督指針・ガイドライン等、所属保険会社との間の契約、所属保険会社が定める規定、社内規定・マニュアルおよび社会的模範(以下、これらを合わせて「法令等」というを遵守し、社会の期待と要請に応えるべく誠実かつ公平・公正な活動を実践すること」とする。

人材教育・育成に関する基本方針

(1)当社の役職員は、「適正で正確な業務処理を行うために必要な知識・スキル」を習得し、実践していく。
(2)当社の役職員は、多くの物事について応えることができるように、保険知識のみならず、周辺知識を学習し、幅広い知識を身につける。

「金融商品の販売等に関する法律」に基づく勧誘方針

「金融商品の販売等に関する法律」に基づき、当代理店の金融商品の勧誘方針を次のとおり定めましたので、お知らせいたします。

  1. 保険法、保険業法、金融商品の販売等に関する法律、金融商品取引法、消費者契約法、個人情報の保護に関する法律およびその他各種法令等を遵守し、適正な商品販売に努めてまいります。
  2. お客さまに商品内容を十分ご理解いただけるよう、知識の修得、研さんに励むとともに、説明方法等について工夫し、わかりやすい説明に努めてまいります。
  3. お客さまの商品に関する知識、経験、財産の状況および購入の目的等を総合的に勘案し、お客さまに適切な商品をご選択いただけるよう、お客さまのご意向と実情に沿った説明に努めてまいります。
  4. 市場の動向に大きく影響される投資性商品については、リスクの内容について、適切な説明に努めてまいります。
  5. 商品の販売にあたっては、お客さまの立場に立って、時間帯、場所、方法等について十分配慮いたします。
  6. お客さまに関する情報については、適正に取り扱うとともに厳正に管理いたします。
  7. お客さまのご意見、ご要望等を、商品ご提供の参考にさせていただくよう努めてまいります。
  8. 万一保険事故が発生した場合には、保険金のご請求にあたり適切な助言を行うよう努めてまいります。
  9. 保険金を不正に取得されることを防止する観点から、適正に保険金額を定める等、適切な商品の販売に努めてまいります。